ニキビの原因

思春期の高校生などが多く抱える問題がニキビですが、10代の方だけが悩むものでも実はないのです。20代以降でもニキビで悩む方もおり、年齢層には関係ない症状と言えるでしょう。ニキビの起きる原因とはどういったものがあるのでしょうか。

まず思春期の方に多いのは男性ホルモンの過剰分泌です。これによって皮脂が過剰に分泌されていきます。過剰分泌された皮脂が毛穴に留まると詰まり、ニキビができてしまいます。ただ男性ホルモンによって起こるニキビは20代以降では起こりにくくなります。

20代以降の方でニキビになる原因としては皮脂の過剰分泌が挙げられます。例えば洗顔を必要以上に行ったり、顔をごしごしと強く擦るように洗うと肌が乾燥し、体の防御反応として皮脂が過剰に分泌されるようになります。その皮脂が留まってニキビができるようになります。またメイクが残ったままになると雑菌が繁殖し、ニキビができることもあります。

20代以降の方もニキビになることが多く、そのためどの年齢層の方もニキビにならないように気をつけていかなければなりません。場合によっては毛穴が広がって目立つようになることもあるのです。こうなると改善が難しくなるので注意しなればなりません。

About the author